テレワークでチームの生産性を上げる方法

テレワークでメンバーと直接会えない時にも使える戦略なのでぜひ取り入れてみてください!

それでは、テレワーク中でも有効な戦略とは一体何なのか?

それは「デイリーハドル」というものです。
※ハドル(huddle):アメフトの用語で、フィールド内での短い作戦会議のこと。

そしてこのデイリーハドルの詳細は成長企業のバイブル本


上記『スケーリング・アップ』の233ページにこう書かれています。

======
毎日のハドル。

5-15分のミーティングで、戦術的な問題を話し合い、情報をアップデートする。

これだけで小さな惨事を防ぎ、予期せぬ機会をすばやく見つけるのに役立ちます。

通常、毎日のハドルがあれば、不必要なメール連絡や話の中断などで無駄になる1時間くらいを節約できます。
======

このデイリーハドルは、単なる朝礼とは違います。

きちんと生産性を上げて、チームで成果を出すための戦略的な会議です。

いくつか守るべきポイントがあるのですが、特に大事なのは議題についてです。

=======
【議題】
話すことは毎日同じ3項目。
あまり多くを詰め込んではいけない。

 1.次の24時間に何があるのか?
 (重要事項のみをシェアする)
 2.毎日の目標達成状況は?
 (売上、新規客など重要な指標)
 3.どこに障害が生じているか?

※僕らは短い情報共有もやっています。

【時間設定】
開始は8時8分や16時16分など、半端な時刻にする。キリのいい時刻より人がちゃんと集まってくる。

会議は15分を超えないように。
1人1分を見込む。8人なら8分になる。
時間は朝でも夕方でもいつでもいい。

【場所】
どこでもいいが、数人がビデオ通話なら全員が同じにしたほうがいい。

【参加者】
多くの会議に少数を参加させるより、少ない会議に多くを参加させる。

マイクロソフトでは、多いときは、ハドルに60人の開発者が参加する。
ただし、会議室には20人だけで、あとはビデオ会議で参加しているそうである。
=======

基本的なポイントは以上です。
あとは、15分以内で毎日実施してください。

きっと、続けていくうちに
・チームに一体感が生まれて、メンバーのモチベーションが上がる…
・判断に必要な情報が早く集まり、時間の節約になる…
・情報共有でお互いの仕事を
 フォローできるのでミスを減らせる…

などなど、、
たくさんの効果を
実感して頂けると思います。

実はうちのあるチームも、ちょっと前からこのハドルを始めたみたいで、、

テレワーク中でも、成果に繋がる重要なコミュニケーションが取れているようです。
(しかも、皆楽しそうですね。。。)

大変な今だからこそ、あなたもこのデイリーハドルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

テレワーク中でも、成果が出やすくなるはずです!

他にも本書「スケーリング・アップ」には、

今日紹介したデイリーハドル以外にも、キャッシュ戦略や人材戦略など…

企業を継続的に成長させるための
戦略がたくさん紹介されているので、
経営者やリーダーの方は、
ぜひ一度読んでみてください。

↓↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる