CanvaがCanva Docsを含む6つの新機能は発表(2022.9.15)

「Canva(キャンバ)」がビジュアルコミュニケーションプラットフォームへと進化したCanvaの新機能と今後のビジョンが語られました。あらゆる人がデザインで輝けるよう支援するデザインプラットフォーム「Canva(キャンバ)」は、2022年9月15日午前2時(日本時間)に、新機能「Canva Docs」「Canva Webサイト」「ホワイトボード」をもって新たなカテゴリーに進出し、ビジネスや教育機関、NPOをはじめとするチーム向けのビジュアルコミュニケーションプラットフォーム「Canva Visual Worksuite」の提供開始を世界に発表されました。

■ Canva Visual Worksuite
このたび発表した6つの新機能をもって、Canvaはグラフィックデザインに特化した編集ツールから、ビジネスや教育機関、NPOをはじめとするチームの視覚的コミュニケーションをワンストップで完結させる、ビジュアルコミュニケーションプラットフォームへと進化しました。この「Canva Visual Worksuite」では、従来通りの直感的な操作性に加え、コメントやスタンプ機能を使用でき、メンバーがいつどこにいても、チーム内でのコラボレーションを円滑に進めることができます。

目次

注目の新機能3選(①「Canva Docs」②「Canva Webサイト」➂「ホワイトボード」

「Canva Docs」

β版として、提供を開始する「Canva Docs」は、美しい文書を作成し編集することができる、ビジュアルエコノミー(ビジュアルコンテンツを主軸とした経済活動)時代の新しい文書作成ツールです。Canvaのグラフィックエディタのドラッグ&ドロップによる直感的な操作性はそのままに、プロフェッショナルな印象の文書を作成することができます。

「Canva Docs」では、複数の箇条書きフォーマットや表・グラフの作成にも対応し、1億点以上の素材を美しく配置することができます。また、あらゆるビジュアル資料へのリンクをプレビュー付きで本文中に埋め込むことが可能なため、より一覧性の高い資料に仕上げることができます。

「Canva Docs」により、グラフィックスとドキュメントのどちらも分け隔てなく、視覚的コミュニケーションのツールとして、Canva上で作成・編集できるようになりました。

「Docs to Decks」
さらに、「Canva Docs」の公開にともない、ワンクリックでプレゼンテーション用スライドのフォーマットに自動変換できる機能「Docs to Decks」も加わりました。

「Canva Docs」主な特徴

  • ドラッグ&ドロップで実現する文章とビジュアル素材による美しいドキュメント作成
  • 画像・動画・Webサイト・Canvaのデザイン・外部資料をプレビュー付きで埋め込み
  • ワンクリックでプレゼンテーション用スライドに自動変換「Docs to Decks」

「Canva Webサイト」

β版として改良を重ねていた「Canva Webサイト」が、このたびローンチとなりました。完全レスポンシブ対応となり、デバイスを問わず美しいWebサイトを公開することができます。600種類以上ある「Canva Webサイト」のテンプレートから、ブランドや目的に合ったデザインを選ぶことで、誰でもノーコードで簡単にプロフェッショナルなホームページの作成ができるようになりました。

Webサイトの公開に必要なドメイン取得もCanva上で無料から手続きができ、カスタマイズも可能。Canva Pro以上のプランであれば、既存の独自ドメインへの接続も可能です。さらに、新たに公開されたパスワード保護機能により、社外秘の資料や社内向け資料の共有・閲覧が手軽になり、組織内外で安心かつ効率的にコミュニケーションを取ることができます。

また、テンプレートからだけでなく、手持ちのドキュメント、PDF、プレゼンテーション資料を、Canva Webサイト上にアップロードし編集することができるようになりました。誰もが積極的に情報を編集・発信し、積極的なコミュニケーションが生まれることでしょう。

「Canva Webサイト」のローンチに合わせ、Canvaのあらゆるデザインで、アナリティクス機能が使えるようになりました。閲覧数やWebサイト内のクリック数などを計測できるため、コーディングを必要としない効果的なマーケティングツールとして運用することも可能です。

「Canva Webサイト」主な特徴

  • 完全レスポンシブ対応
  • 600種類以上のデザインテンプレート
  • ドキュメント、PDF、プレゼンテーション資料などをWebサイト上にアップロードし編集
  • 無料ドメイン取得・カスタマイズ
  • 既存ドメインへの接続(Canva Proプラン以上)
  • パスワード保護
  • アナリティクス機能

「ホワイトボード」

新たにCanvaに登場した「ホワイトボード」を使うと、チームでできる共同作業の可能性が無限に広がります。「ホワイトボード」向けのワークショップテンプレートを活用すると、リアルで行う会議と遜色ない活気あふれるブレインストーミングを実現し、議事録をビジュアル化することができます。

また、プレゼンテーションの1ページをホワイトボードモードに切り替えることも可能。既存のスライド資料がワンクリックで大きなキャンバスに様変わりし、周りにある余白をたっぷりと活用して、ブレインストーミングやワークショップ を数秒で始めることができます。

1億点を超える素材に加え、付箋やタイマー機能、図やフローチャート、カーソルのユーザー名表示など、アイディアが浮かんだらすぐにチームに共有できるような多くの機能がミーティングを活性化させることでしょう。
この「ホワイトボード」を活用すると、リモート環境であっても、デザイン作りに限らないクリエイティブなコミュニケーションと、コラボレーションをチームで行うことができます。

「ホワイトボード」主な特徴

  • リモート環境で叶うブレインストーミング
  • 議事録のビジュアル化
  • プレゼンテーションをホワイトボードに変換
  • カーソルに各ユーザー名を表示
  • 付箋・タイマー・図・フローチャートなどの独自機能

その他の新機能(④動画の背景透過機能⑤プレゼンテーションのリモコン機能⑥Canvaプリント対応製品の拡大)

Canva Visual Worksuiteには、上記3つの新プロダクトの他にも、3つの新しい機能が含まれます。いずれも組織によるビジュアルコミュニケーションをより円滑にし、リモート環境であっても共同作業が加速するような機能を取り揃えました。

④動画の背景透過機能

ワンクリックで高精度の背景透過が実現するCanvaのバックグラウンドリムーバー機能が、ついに動画にも対応しました。*有料プランのみ

Canva Pro

2021年の動画編集機能のリリース以降、10億点以上の動画がCanva上で作られてきました。さらに高まる需要を受け、今後は数クリックであらゆるCanvaのデザインが動画に変換できる機能をはじめ、多くの動画編集機能を追加予定です。

Canva Pro

⑤プレゼンテーションのリモコン機能

スマートフォンをプレゼンテーションのリモコンとして使えるようになりました。もう「次のスライドお願いします」という台詞で発表の流れが中断することはありません。お手元で、最適なタイミングにページを送り、アニメーションを活用して、聞き手を惹きつける魅力的なプレゼンをしてください。

Canva Pro

⑥Canvaプリント対応製品の拡大

Canvaでデザインし高品質な印刷を発注から受け取りまで、ワンストップで完了できるCanvaプリント。一番多い国と地域では35種類の印刷製品に拡大しました。日本では、名刺やチラシなどはもちろん、結婚式のペーパーアイテム、トートバッグやノート、マグカップなど、対応製品を拡大しています。いずれもご自宅まで配送無料です。

Canva Pro

ご参考

新機能に関する最新記事はCanva Japan公式のnoteやSNSにも掲載されています。
note: https://note.com/canvajapan
Twitter: https://twitter.com/canvajapan
Instagram: https://www.instagram.com/canvajapan/
TikTok: https://www.tiktok.com/discover/canva-japan
Pinterest: https://www.pinterest.com/canvajapan/​

Canva Docs 他新6機能発表

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次