無料で使える店舗集客ツール Googleビジネス プロフィール|MEO対策・ローカルSEOのテレサポ【e和】

地域密着のビジネスなら対策が必須です。 MEO(Google地図最適化)サービスとは、Map Engine Optimizationの略で、Google Mapsなどの地図上での検索結果の最適化を図ることで、集客につなげる方法です。

具体的には、無料で使える店舗集客ツール「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」を、どのように「Googleビジネス プロフィール」を活用していけばいいかをお伝えしていきます。

「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 は、グーグルの地図上でお店を見つけてもらうことや、行きたいと思ってもらいアクションを起こしてもらうことそのための取り組みが必要となってきます。

但し、強豪が多く上位3位内が難しいといった場合でも検索されたマップ上では 20店舗の場所が赤いピンで表示されますので、最初は、上位20店舗の中に入るといういう目標を持って取り組んでいただくと良いと思います。

目次

まずは20位以内を目指す

Googleで検索をされるとたいていは大手のポータルサイトが自分に表示されることになりますが、 「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 での結果の方が必ずその上に表示されることになります。その上で着目をしていただきたいのは、上位3店舗目までがこの画面上に表示をされているということです。

上からクリックするという人間の行動心理がありますのでこの上位3位内に表示をされるとクリック数が飛躍的に伸びていきます。

勝手にお店が登録されている!?

まずは、お店のアカウントを確認します。経営者さんからは、こんなの登録した覚えはないというような声を聞くかもしれませんが、実はGoogle のユーザーならば勝手にお店を登録することができてしまうんです。

しかし、このお店のオーナー以外はその詳細をいじることはできません。

そこで、オーナー登録の作業をすることになります。店舗の場合はオーナー登録の際に、ハガキによる住所確認が必要となりますので、このビジネスのオーナーですかというところから、ハガキによるオーナー確認の手続きを行うようにしてください。

掲載情報を正確に入力 しましょう

オーナー登録が終わりましたら掲載情報を正確に入力をしていきます。

「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 にはお店の基本情報、メニュー写真投稿口コミといった情報を掲載することができます。

基本情報は正確に

まずは基本情報です。

  • お店自体はせっかく空いているのに、休業日扱いになっているとへ来店機会を逃します。
  • 営業時間は、曜日ごとに設定が可能で、臨時の営業休業も日別に設定が可能となっています。
  • 飲食店であれば、テイクアウトや宅配の情報も掲載、検索が可能となっています。
  • 予約サイトだけではなくてホームページなどのサイト情報も掲載することもできます。

写真を積極的に活用しよう

続いて写真です。

  • 写真はオーナーが提供する写真とお客様が口コミで提供する写真とがあります。
  • 飲食店では料理や飲み物の写真がよく挙げられています。
  • 口コミで写真を経営提供していただくことが難しい場合は最低限オーナー側で写真を投稿するようにしましょう。
  • 特にお店選びには店内の雰囲気が重要になってきます。
  • お客様が来店した時にどういう席に案内されるのか、テーブルカウンター座敷といった種類ごとに、またスタッフの写真なんかもあるとお店の雰囲気が伝わってくると思います。

口コミを増やす

続いて口コミです。

お店選びの際に口コミを見て判断する人が多いです。

・ 「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 でも独自のクチコミ投稿ができますのでお客様に投稿して、もらうようにしましょう。といってもなかなかお客様自身で書いてくれる人というのはあまりいませんのでお店側の施策として、口コミの投稿をお願いしますとテーブルややレジの前などに掲示をしていくことも必要となります。

・また 「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 の口コミは星だけの口コミ評価も可能となっています。

コメントを求められるのはちょっとと思うお客様もいらっしゃると思いますので、星だけであれば気軽に投稿していただけるのではないかと思います。

・そして、書いていただいた口コミには丁寧に返信をするようにしましょう。

これれにより、お客様への誠意や感謝が伝わると当然、リピート利用にもつながっていきます。

ほったらかすこともないように丁寧な返信をしていきましょう。

活用に向けたアドバイス例

ここまで簡単ではありますが 「 Googleビジネス プロフィール(旧Google マイビジネス)」 活用のアドバイス例を挙げてみました。

  • 基本情報は正確に記載する
  • 来店イメージができる写真や動画などを掲載する
  • そして口コミを集めて口コミの返信も丁寧に行っていく

以上の継続が売上アップに効果が出ていくことと思います。また、ホームページやSNSとの情報の統一なども実施すれば、更なる効果につながります。

どのように、「Googleビジネス プロフィール」を活用していけばいいのか?口コミをどのようにして集めればいいのか?お店の動画の投稿方法など。。。各種ご相談に応じています。お気軽に、お問い合わせはください。

ビジネスプロフィールでマイビジネス管理

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる