小さな会社の採用サイトの作り方(その1)

人を雇ってる社長にとって「欲しい人材がこない」というのは、事業成長を考えるで、非常に大きな問題だと思います。そこで、採用ホームページをこのように変えたら、応募の反応がかわる「小さな会社の採用サイトの作り方」を紹介します。

目次

必要な優秀な人材とは

事業の成長・拡大を考えたとき、必ず「人」が重要な鍵になってきます。事業開始から最初の段階では、社長のワンマンでも
売上を作っていけるでしょう。しかし、社長1人の力で突き進めば、必ずどこかのタイミングで限界が来ます。
そうなった時に必要なのは、下記のような人材です。

  • 社長のかわりに売上を作れる人
  • 営業ができる人
  • 顧客対応ができる人
  • 企画を立てられる人
  • 商品開発ができる人

などの優秀な人材です。

彼らを集められるかどうかで事業の成長が決まってくることは、きっと社長も痛いほど感じていることかと思います。

そして、実は、私も事業主から、「いい人が取れなくて悩んでいる」といった相談を受けることが最近増えてきました。そこで、今まで紹介してこなかった、「採用コンテンツの見直しの仕方」と「離職防止のための仕組みの導入の仕方」を今後発信していきたいと思います。

優秀な人材を集められるようになるには⁉

この「採用コンテンツ」と「離職防止」の仕組みを使えば、たとえ地方にある小さな会社であっても「こんな人が欲しかった」と思える優秀な人材を勝手に集められるようになっていくと思います。

事実、支援してきたクライアントは、冗談抜きに、今のところ、職場が劇的に変わり、3K、医療、介護現場で抜群の実績です。

このシステムを使ってくれた会社は、みんな何かしらの良い結果がでています。

なので、もしあなたが

  • こんな人しょうもないミスする人は雇いたくない
  • 人が来ないから妥協で採用している
  • 1人50万~100万ぐらいの採用コストをなんとかしたい

といった悩みを抱えているとしたら、この「採用コンテンツ」と「離職防止」の仕組みを試してほしいと思っています。

その「採用コンテンツ」と「離職防止」の仕組みとは!

「社長! そんな採用サイトでは 絶対にいい人材は 獲得できませんよ!」(単行本-2022/4/9 嶋田利弘、尾崎竜彦(著者))に記載されています。貴社に合った項目をピックアップして早急に取り組まれれば、効果抜群と思います。

小さな会社の採用サイトの作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる