法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のご紹介

任せて安心!バックアップはクラウドに任せた方がお得です!

企業の情報システム部門必見!情シスに選ばれる味方、社内PCとファイルサーバのデータアップは、クラウドバックアップサービスの「BackStore」(バックストア)で決まり!

すべてのファイルデータを簡単・安全・柔軟にバックアップ!
クラウドバックアップサービス「BackStore」は、企業にとって最も柔軟で信頼性の高いセキュアなバックアップソリューションです。

導入実績約1,700社!
Windows、Mac、Linux対応(サーバOS 含む)
法人向けの遠隔地分散クラウドバックアップサービスのパイオニアである「BackStore」は、データ消失に備え、多くの企業様に選ばれています。

日々の業務PC、サーバのファイルバックアップはもちろん、BCP(事業継続計画)対策、ディザスタリカバリ(DR)に最適です。

目次

法人向けクラウドバックアップサービス「BackStore」のご紹介

バックアップは、クラウドの任せた方が、お得です。
下記画像をクリックいただきますと、もっと詳しいことがわかります。

中小事業所様 「高嶺の花」に手が届くコストで導入いただけます!

「以前はテープにバックアップを取って金庫などに保管していたが、クラウドバックアップに移行したことで作業の負担は減り、データの安全性も高まった」

「バックアップ先の環境のケアをする必要がなくなり、本番システムの管理など通常業務に専念できるようになった」

「システム管理の負担が減り、ひいてはコストの削減に」

 こういった声がよく聞かれるのは、規模的に小さめの事業所が多い。

 バックアップ専用に作られたバックアップクラウドサービスでは、高機能なバックアップ用ストレージを多くのユーザーとシェアする形になっており、規模の小さなユーザーにとって「高嶺の花」だった豊富な機能の恩恵に与れることが大きな魅力となってきました。

 テープストレージは導入コストが比較的低く、実績があるメディアとあって根強いニーズがある。

 しかし、中小規模の事業所で導入できる価格帯のテープドライブでは、転送速度の都合からバックアップに時間がかかったり、テープの入れ替えなどの作業が欠かせない。

 また、事業所が災害に見舞われた場合を想定して金庫に保管したり、遠隔地に搬送して保管したりなどの運用をしている場合には、その負担もかかります。

 中小規模の事業所ではシステム運用スタッフも少ないことから、バックアップにまつわる作業が日々の業務の中で大きな割合を占め、重荷に感じられることも多いとおもいます。

 これに対し、クラウドバックアップでは、もとより遠隔地の事業者データセンターにデータを送ってバックアップを取るものだし、数本分のテープに相当する量のデータでも一括して転送できるため、テープ運用の負担はまったく不要になる。テープでは面倒だった差分バックアップや世代管理なども、ほとんど苦にならずに使える。

 また、リストアする際の時間や手間、確実性も、総合的に見てクラウドバックアップの方が有利です。

 例えば差分バックアップからリストアする場合、リストアする現場に何本ものテープを抜けがないようにそろえ、順序を間違えないように注意して入れ替えながらサーバへ転送しなくてはならない。

 しかし、クラウドバックアップなら、バックアップデータにアクセスできる環境が整っていれば、リストアを開始したら、あとは終わるのを待つだけで済みます。

 是非検討ください。
 まずは、「無料お試し」または「資料請求から」どうぞ。。。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる