無料で使える店舗集客ツール「Googleビジネス プロフィール」

2021年11月4日(木)、Googleは「Googleマイビジネス」の名称を「Google Business Profile(Googleビジネスプロフィール)」に変更することが発表されました。調べたところ、ヘルプセンター、コミュニティ、サポートの各チャンネルの名称は変わっています。名称だけでなく、オーナーの店舗情報の管理方法も変わっていきそうです。

2022年には「Googleマイビジネス」アプリが廃止され、また、既存のGoogleマイビジネスのウェブの管理画面も、主に複数の場所を持つ企業をサポートするように移行し、「ビジネスプロフィールマネージャー」に名前が変更されます。これらの変更の詳細については、今後数か月以内にお知らせするとのことです。

これまで、Googleマイビジネスは、多くの店舗を持つチェーン店よりも、小さなローカルビジネス向けと紹介されてきたGoogleプロダクトでした。この方針変更は、名称変更以上に、大きな変化の可能性があるのかもしれません。引き続き、「Googleビジネスプロフィール」(Googleマイビジネス)の動向には注目ですね。

目次

はじめに

そこで、実店舗をお持ちの事業者様に役立つ店舗集客ツールとして注目されている「Googleビジネス プロフィール」(旧名称のGoogleマイビジネス)の活用を調査しました。

この記事では、「Googleビジネス プロフィール」の基本について

  • Googleビジネス プロフィールの概要
  • 検索結果に表示されやすい
  • 来店・予約・問合せが入りやすい
  • 無料で使える

といった点をご紹介します。

Googleマップの表示例

まず 「Googleビジネス プロフィール」(旧名称のGoogleマイビジネス)というサービスをご存知でしょうか?

Google で検索をしたら検索結果に、地図情報と一緒になって表情されている、こんな画面を見たことがないでしょうか?

Googleマップの表示例

Google マップ地図の中にお店の場所がピンで表示されていて、そこにお店の情報が掲載されています。一つ一つのお店の詳細は右のスマホ画面に乗せたようなページとなります。これをが掲載しているサービスが「Googleビジネス プロフィール」となります。

「Googleビジネス プロフィール」とは

「Googleビジネス プロフィール」とは

一般的にお店を検索する場合に、検索する人の条件、キーワード例えば年代性別これまで検索をした情報などを見て、Google がおすすめするサイトを表示してくれます。これをSEOと呼ばれる検索エンジの表示機能になりますがそれに加えて、 「Googleビジネスプロフィール」(Googleマイビジネス) では今いる場所からの距離なども判断をして該当するオススメの店舗を表示してくれます。しかも無料で掲載ができるGoogleサービスになっています。

Googleビジネス プロフィールのスゴイところ

Googleビジネス プロフィールのスゴイところ

「Googleビジネス プロフィール」のすごいところを3つほどご紹介したいと思います。

  1. 検索結果に表示されやすい
  2. 来店や予約など売り上げにつながりやすい
  3. このサービス自体が無料で利用できる

この3点を説明をしていきます

私たち利用者は行きたいお店を探すときにはインターネット検索をします。最も使われている検索サービスは Google 検索になります。

また近場でお店を探すときには地図アプリを使います。地図アプリを使う人の80%以上が Google マップを使っているという、そんなデータもあります。

つまり 「Googleビジネス プロフィール」に登録をしておくと検索される可能性が高いということが言えます。

1.検索結果に表示されやすい

1.検索結果に表示されやすい

インターネット検索をするとたいてい大手のポータルサイトが上位に表示されることになります。ここでは美容室というキーワードで google 検索をした画面を表示しています。

有料広告が出ているかわいい広告が上に掲載されますが、検索結果としては大手のポータルサイトが1位に表示されています。しかしこちらの画面を見ていただくとわかりますが、「Googleビジネス プロフィール」の結果は検索結果で表示されている1位のサイトよりも必ず上に表示されることになります。それだけ、お店を見つけてもらいやすく実際にクリックされるということになるわけです。

上位に掲載される可能性が高い

「Googleビジネス プロフィール」に掲載されている店舗を見ると口コミ件数が多くない例えば30件程度でも上位3位内に表示されているケースが、たくさんあります。

しかし「Googleビジネス プロフィール」には登録してあるけれども積極的に活用している店舗は、多くないというような状況です。

したがって、今からでも積極的に取り組んでいけば上位に表示される可能性は高く、集客できるようになっていくと思われます。

2.問い合わせ、予約、来店

2.問い合わせ、予約、来店

2つ目の特徴として問い合わせ、予約、来店につながりやすいサービスとなっている点です。

「Googleビジネス プロフィール」の情報が表示された中から商品サービスの写真や口コミなどを見て評価が高いお店や自分の好みに合う雰囲気の店を決めていきます。

「Googleビジネス プロフィール」上では通話ボタンからそのまま電話アプリにより、問い合わせや予約ができたりします。

そしてお店が決まったら地図アプリに連動してその場からお店までナビをスタートさせて、お店にたどりつくことができるようになります。

「Googleビジネス プロフィール」ではこのような地図と連動したお店探しができるのでスマホ時代の集客ツールとして活用できます。

Googleビジネス プロフィール上で予約が可能です

また一部のサービス連携事業者(飲食業、美容業、フィットネス、イベント)に限られますが、ポータルサイトに行くことなく「Googleビジネス プロフィール」上で予約が完結することで、取りこぼしを防ぐそんなサービスも始まっています。但し、サービス連携企業者の利用料がかかるケースがあります。

3.無料で使える

3.無料で使える

このように Google 検索結果や地図の上位に表示をされて来店や予約に直結できる。そして、これらの機能を全てが無料で利用できるというのが 「Googleビジネス プロフィール」のすごいところになります。

どのように、「Googleビジネス プロフィール」を活用していけばいいのか?口コミをどのようにして集めればいいのか?お店の動画の投稿方法など。。。各種ご相談に応じています。お気軽に、お問い合わせはください。

googleビジネスプロフィール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる