EDI・伝票・帳票発行もクラウドで。「伝票スターEDI」

お得意先指定のEDIや伝票や請求書など作成に追われておられませんでか?

IT コーディネータ協会が運営する中小企業共通 EDI 認証を取得している「共通 EDI 連携補完アプリ」の「伝票スターEDI」は、伝票発行の操作性や設計のしやすさなどをご評価いただき、導入いただいております。新たに登場した「伝票スターEDI」は、サーバーを導入しなくても直ぐに導入できるクラウドサービスが登場しました。各種EDIや定評のある帳票作成機能や発行機能はそのままに、低コストでご導入いただけるようになりました。

目次

「伝票スターEDI」は、基幹システムと共通 EDI をつなぐ連携補完アプリです

「伝票スターEDI」は、基幹システムと共通 EDI をつなぐ連携補完アプリです。
【特長】
(1)基幹システムを改造せずに EDI の導入を実現します。
(2)EDI を導入しない取引先にも対応できる「プラスα」の機能もあるので導入先にとってもより多くのメリットがあります。

【製品・サービスの特徴】

基幹システムの発注データからEDI用のメッセージに変換します。受注企業側ではEDIの注文メッセージを基幹システムの受注データへの変換や、売上データかEDI用出荷メッセージへの変換に加え、納品書・ラベルなどの帳票出力が行えます。

基幹システムのデータとEDIメッセージを振り分けます

基幹システムのデータをデータの種類や得意先別に振り分けて帳票やEDIメッセージを作成できます。また、EDIからのデータを取り込むと業務システム用のデータに変換することができ、​受発注、出荷仕入業務の業務改善が図れます。

伝票スターEDI 入力データの振分け機能

さまざまなシステムとの連携が可能です

受発注、売上・仕入、請求などのデータをCSVで入出力できる基幹システムなら、​パッケージソフトやスクラッチ開発のシステムなどに関わらず伝票スターEDIと連携できます。また、基幹システム次第でデータベースとのダイレクト連携も可能です。

伝票スターEDI業務アプリとの連携について

中小企業共通EDIの各種取引プロセスに対応

中小企業共通EDIの「注文」「出荷」「検収」の発注(バイヤ)および受注企業(サプライヤ)両方の取引プロセスに対応します。業務アプリで共通EDIに対応できない部分は伝票スター側で補うことができます。

伝票スターEDI対応メッセージの解説

中小企業共通EDIの次の取引プロセスに対応できます

中小企業共通EDIの取引プロセスに対応できます

発注企業の業務アプリで作成した発注データを伝票スターが取込み、取引先別に適した発注方法に振り分けます。中小企業共通EDIに対応した仕入先には共通EDIの注文メッセージに変換できます。そして、中小企業共通EDIサービスプロバイダにアップロードして受注企業に送信できます。

EDI非対応の仕入先には注文書(帳票)を作成し、E-MailやFAXで相手に送信できます。また、中小企業共通EDI以外のEDIにも対応できます。

​このように、EDI対応・非対応企業が混在しても伝票スターEDIが適切な処理ができます。心強いEDI補完ツールですね!

伝票スターEDI注文プロセス【PCA商管-EcoChange連携】発注企業編

受注企業(サプライヤ)の受注・出荷業務

受注企業(サプライヤ)の受注・出荷業務

受注業務(注文プロセス)

​バイヤ企業から送られてきた中小企業共通EDIの注文メッセージを伝票スターEDIが取込み、注文回答情報を入力できます。注文回答情報は伝票スターEDIが、EDIの注文回答メッセージに変換して共通EDIプロバイダにアップロードして発注企業に送信します。そして、販売管理システムなどの業務アプリの受注データに変換して業務アプリに登録できます。​

売上・出荷業務(出荷プロセス)

業務アプリの売上データを伝票スターが取込み、取引先別に必要なEDIメッセージや帳票などに振り分けて生成します。EDIメッセージは中小企業共通EDIの出荷案内メッセージとして共通EDIプロバイダにアップロードして発注企業に送信します。また、納品伝票や客先指定伝票、宅配便の送り状そして出荷ラベルなどさまざまな帳票を作成でき、これらも取引先別に帳票を振り分けて生成します。

伝票スターEDI注文プロセス/受注企業編【EcoChange-PCA商管連携】

伝票スターEDIのここが違います!

  1. 業務アプリのカスタマイズ不要!
  2. EDI固有のデータは伝票スターが処理します
  • 発注企業から送信された注文メッセージを、伝票スターが業務アプリ用の受注データに変換します。
  • EDI固有のデータは伝票スターが保持するので、業務アプリはカスタマイズは不要です。
  • 出荷では業務アプリの売上データを伝票スターEDIが受注時の注文メッセージの内容を参照しながら、
  • EDI用の出荷案内メッセージに変換してEDIに送信します。

EDIメッセージのマッピングはExcel

計算式や関数も使えるので、複雑なマッピングも可能です

DIメッセージのマッピングはExcel
  • EDIのメッセージと業務アプリ各項目のマッピングはExcelで設定します。
  • 計算式や関数を使えるため、日付の表示方法や区分コードの変換などの複雑なマッピングを実現します。

お互いの業務アプリに対応する双方向のコード変換

お互いの業務アプリに対応する双方向のコード変換

伝票スターは、取引先・納入先・商品などのマスタを持つことができます。これにより、得意先の受注者用コードや品名コードと自社の業務アプリ用のコードの双方向変換が可能です。

データ編集機能で注文回答メッセージも作成できます

データ編集機能
  • 伝票スターで取り込んだデータを編集できます。
  • 例えば、発注元から送信された注文メッセージに対して、納期などの注文回答情報を入力してそのまま、注文回答メッセージを作成できます。
  • 業務アプリに見積回答や注文回答機能が無くても伝票スターが補完します。

帳票も作成できます

皆さんが使い慣れているExcelでデザインできます。

専用伝票・帳票作成

汎用帳票ツールのxReportで作成するので様々な帳票を作成できます。

帳票作成例

EDI導入済と未導入の取引先が混在しても処理できます

受注企業、発注企業共に取引先がEDIの導入/未導入が混在しても伝票スターが取引先別に適切に振り分けて処理できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる