EXtelligence EDIFAS(エディファス)とは

中小企業共通EDIに準拠したクラウド型EDIサービスの「EXtelligence EDIFAS(エディファス)」は、生産管理パッケージ(Factory-ONE 電脳工場シリーズ)の開発、販売で有名な(株)エクスが提供している中小企業共通EDIに準拠したクラウド型EDIサービスです。

目次

EDI(調達管理)システムは高くない!

「EXtelligence EDIFAS(エディファス)」は、常識を覆す月額2,000円から利用できるクラウド型EDIサービスです。インターネット経由で、製造業の購買業務(調達管理)に適応したEDIサービスを低コスト・短時間でカンタンに実現できます。

低コストかつ短期間でサプライチェーンを構築できるクラウド型EDI(調達管理)サービスです。当社生産管理パッケージ「Factory-ONE 電脳工場MF」ご導入企業だけでなく、他社の基幹システムを導入されている企業や、システム未導入の企業もCSVやAPI連携*を利用し、見積管理・受発注管理・入出荷など、EDI の基本機能の活用が可能です。中小企業共通EDI対応しています。*API連携はオプション

1IDであらゆる企業との取引にEDIを利用可能です。(株)エクスが提供する知的プラットフォーム「EXtelligence」のサービスのひとつで、低コストかつ短期間でサプライチェーンを構築できるクラウドEDIプラットフォームサービスです。特徴は、下記3点です。

サーバやソフトウェアを購入する必要がなく、インターネットブラウザ環境があるだけで、すぐに利用を開始できます。サーバやアプリケーションの管理・メンテナンスはメーカーが行いますので、常に最新環境を利用することが可能です。初期費用を抑え月額2,000 円~の低コストで運用できます。

発注・受注側双方同時にシステム導入をしなくても、CSV データや API 連携により運用を開始できます。また、受注側企業には無料でご利用いただける「EXtelligence EDIFAS FREE」( 受注確認・受注回答機能のみ ) をご用意。必要最低限の機能から利用いただくことも可能です。

検索条件や各画面項目の表示有無、並び替え順などを、ユーザーごとに個別設定できます。運用設定やフリー項目のキャプショ
ン設定も取引相手に合わせた形式で登録し、利用することが可能です。レポート帳票や伝票のレイアウトを、マウスを使いながら自由に簡単に作成できます。

発注側、受注側企業のさまざまな悩みを解決!

発注業務の効率化

中小企業共通EDIのメリット:発注業務の効率化
発注業務の効率化

【解決!】発注側企業は、コスト削減や作業の効率化という点でメリットが生まれます。発注作業にかかっていた時間と人手を、他の作業に充てることにつながります。また、データの管理も容易になります。受注側企業も電話やファックスによる作業がなくなり、「発注データ」を活用することで聞き間違い、OCR の読み込み違い、転記ミス、入力ミスが防止できます。

請求照合の効率化

中小企業共通EDIのメリット:請求照合の効率化
請求照合の効率化

【解決!】発注側企業の買掛データと受注側企業の請求情報を照合することにより、違算チェックが効率良くできます。これにより月次決算の早期化を図れます。受注側企業も買掛データの活用により請求ミスが減ります。また、請求データを送信することで、請求書の印刷と郵送の手間や費用を無くすことができます。

受入作業・納品チェックの効率化

中小企業共通EDIのメリット:受入作業・納品チェックの効率化
受入作業・納品チェックの効率化

【解決!】発注側企業は、受注側企業の納入予定商品と数量を事前に把握できるため、倉庫の受入準備や入荷検品作業の効率化ができます。受注側企業も出荷データを納品伝票の代わりにすることで、納品伝票に関わる用紙、印刷、郵送の費用を削
減できます。

支給在庫管理の効率化

中小企業共通EDIのメリット:支給在庫管理の効率化
支給在庫管理の効率化

【解決!】発注側企業は、加工依頼などで受注側企業に支給した部材の受領状況や使用状況を即座に確認でき、支給在庫管理の精度を高めることができます。受注側企業も支給データを受信することで、使用状況の管理がしやすくなります。

EXtelligence EDIFAS(エディファス)基本機能

「EXtelligence EDIFAS」は発注側企業と受注側企業両方に必要な機能が含まれています。

中小企業共通EDI準拠:EDIFAS(エディファス)基本機能
EDIFAS基本機能

発注側も受注側も、ここが便利!

ポイント1:企業内でのメニュー間データ連動だけでなく、発注側と受注側企業のデータ連携もできるので、データ入力作業が簡略化できます。

ポイント2:データを出力して、他のシステム(Excelなど)で加工もできます

EDIFAS(エディファス)の作業の効率化を考えた、使いやすい機能

1.データの送受信をより効率的に

発注側と受注側、相互にデータの送受信を行いますが、訂正・追加・取消したデータだけを抽出し、送信することができます。
例えば、受注側が納期の分納回答をする場合、前回回答との差分のみのデータを送信し、発注側はそのデータのみを確認で
きるので効率的です。

2.項目レイアウトを自由に変更

画面上の項目配置(表示の有無や表示順)、表示幅を自由に変更できます。また、出力するCSVデータも項目指定することができます。操作者ごとや企業ごとに設定を保存。保存した設定を取引企業間で共有する機能もありますので、互いの突合せチェッ
クを容易にすることができます。

3.レポートフォームを簡単に作成

データを元に、自由にレポートを作成することができます。発注一覧表、出荷予定一覧表から現品票などの伝票にもご活用いただけます。マウスを使って、好みのレイアウトに項目配置を行える操作性が魅力です。(レポートエディター機能、3様式)

4.操作画面から動画説明の閲覧が可能

操作に困ったときは、画面上の「マニュアル」ボタンから説明を読むことができます。また、動画の説明も準備していますので、より理解しやすくなっています。

5.多言語・多通貨対応

英語、中国語に対応し、海外で受発注を行う企業でも利用可能いただけます。
取引先ごとに、単価、合計金額を小数点以下4桁まで設定できるので、通貨差異に伴う有効桁数の違いにも対応可能です。

導入事例

バイヤー(発注企業)例

発注EDIでペーパーレス化の実現!事務工数が減り、仕入れ交渉に十分な時間を確保

【企業情報】
企業名 株式会社ニプロン
所在地 兵庫県尼崎市
事業内容 電源装置製造業

導入事例 – バイヤー(発注企業)
導入事例 – バイヤー(発注企業)

サプライヤー(受注企業)例

受注~納期回答の効率化でコスト削減! 納期回答が1割以下の時間に短縮

【企業情報】
企業名 新潟電子工業株式会社
所在地 新潟県新潟市南区上八枚1310番地
事業内容 電子・電気機器製造業

導入事例 – サプライヤー(受注企業)
導入事例 – サプライヤー(受注企業)

中小企業共通EDIとは

簡単・便利・低コストを目指し中小企業に最適化・標準化したEDIです。
洋服に例えるなら … 従来のEDIは、個々に仕立てた「オーダーメイド」。
中小企業共通EDIは、すぐに着れるいわば「既製服型」のEDIです。

中小企業共通EDI:企業間をつなぐ新しい仕組み
中小企業共通EDI:企業間をつなぐ新しい仕組み

【特徴1】
EDIの国際標準である国連CEFACTに準拠し、企業間で交換する取引データの項目・フォーマットを中小企業に最適化した「共通EDI標準フォーマット」を提供。これまで取引先毎にバラバラだったEDIのデータフォーマットを共通化することで、EDIの導入の手間・コストを大幅に削減できます。

【特徴2】
企業間で取引情報をインターネット経由で交換するための仕組み・サービスである「中小企業共通EDIプロバイダー」の仕様を策定。中小企業共通EDIプロバイダーサービスはクラウドで提供され、企業はEDIサーバを保持することなく、自社のアプリケーションをEDIに接続可能です。

【特徴3】
業務アプリケーション(クラウドサービスを含む)を中小企業共通EDIに対応するための仕様を策定。この仕様に準拠した業務アプリケーション(中小企業共通EDI対応アプリ)を導入すれば、直ぐにEDIに接続可能です。

導入サポート

ITコーディネータであり、EDI推進サポータ研修受講完了者が導入サポートのご相談に応じます。気軽にお問合せ下さい。Web会議による2回のご相談は、現在無償対応させていただいております。(【EDIテレサポ】サービス

また、最大2か月間、クラウド型EDI(EDiFAS)無料のお試しを有効活用いたしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる