WordPress5.5にてメジャーな変更ありそう!

WordPressのテーマ『Swell』開発者の了さんが2020年8月11日にリリース予定の WordPress5.5 について、アップデートでの変更点をYouTubeで配信してくれています。ブログなどの記事だけを書く人、テーマ開発している人両方について紹介されてます。

ここまで、進化してくるとコード(HTMLやCSSなど)を書かなくても、記事を書くことに専念し情報できますね!?ブロックの使い勝手も向上しています。使い方をなれるだけですね。。。

5.5に関する詳しい内容については、WordPress公式のドキュメントをご参考ください。

dev-notes : https://make.wordpress.org/core/tag/dev-notes+5-5/
field-guide : https://make.wordpress.org/core/2020/07/30/wordpress-5-5-field-guide/

目次

ブロックエディター上の変更点

使い勝手に関係する内容

  • 全体的にデザインが一新されている
    • ブロックアイコン
    • ブロック選択したときの感じとか
  • ブロックインサーターは、基本的に左側に固定して使うようになった。
    • + ボタンでもこれまで通りブロックを追加できるが、使い勝手がかなり変わっている。
    • / での呼び出しは相変わらず便利。
  • ブロックカテゴリの変更
    • 「一般ブロック」「フォーマット」「レイアウト要素」「ウィジェット」「埋め込み」 から、
    • 「テキスト」「メディア」「デザイン」「ウィジェット」「埋め込み」へ。
  • 「ブロックパターン機能」の追加
  • 再利用ブロックの呼び出しはめちゃくちゃわかりやすくなった。(登録していないと出てこない)
  • 新テキストフォーマット
    • 下付き文字
    • 上付き文字
  • ツールバー関連
    • 親ブロックの選択がより簡単に。
    • ブロックの移動関連のボタンが変わった。
    • 「変換」が上、「スタイル」が下に。
  • 「スタイル」タブがデフォルトで開いた状態に変更。
    • プレビューエリアも内部が色々変わっている。
    • 長いコンテンツもちゃんと表示されるように。
    • marginとかつけるとバグるので注意。
  • アンカー属性がほとんど(全部?)のブロックで使用可能に。
    • 画像ブロックでは、タイトル属性も。
  • 新アクション
    • 「コピー」ボタンが追加
    • 「移動」ボタンが追加
  • マルチブロックコントロール機能
    • 複数のブロックに一括で「中央寄せ」などができるように。色の設定なども。
  • ブロックディレクトリ機能
    • まだインストールしていないブロックもインサーターから検索できるようになり、その場でブロックの追加(プラグインのインストール)ができる。
  • デバイスサイズごとのプレビュー機能
    • デスクトップ・タブレット・モバイルの3つのサイズを確認できる。
    • ただ、メディアクエリが効かないのでなんの意味があるのか不明。 おそらく方法はあるけれど、まだその方法を見つけられていないです…
    • カスタムフィールドが開いていると潰れるので注意。
    • 実際の表示側をプレビュー表示しようと思うと、Preview in new tab をクリックしないといけなくなった。
  • コードビューが広く、見やすくなった

ブロックごとの新機能

  • 段落・見出しブロック
    • 行間をブロックごとに設定できるように。
    • ※ add_theme_support( 'custom-line-height' ); 必要
  • 画像ブロック
    • 画像の切り抜きが可能に。
    • アスペクト比の調整やズーム・回転・位置の調整ができるように…。
  • カバーブロック
    • コンテンツの位置を調節できるように
    • 最低限維持する高さの単位がpx以外も使えるようになった
    • ※ add_theme_support( 'custom-units', 'px', 'vh', 'vw' ); みたいにする
  • グループブロック
    • 背景色でグラデーションを選べるようになった
  • カラムブロック
    • 初期設置時のパターンが数値でも表記されてよりわかりやすくなった
    • 背景色にグラデーション選べるように
  • ギャラリーブロック
    • 各画像に「画像の置き換え」ボタンが追加されている

【出典:WEMO.techより】

開発者向けの変更点も多くあるです、詳しくは、【WEMO.tech】を参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

あなたの隣りに何時もいる『ITC顧問』こと、ふくろう博士です。ITC和歌山オフィスの『ITC顧問』スタッフとして、簡単・シンプル・手頃なICTツールを駆使して、あなたの会社の課題解決のお役立ち情報を呟いています。気軽に、フォローなどでお声をお掛けください。
Webメディアチャレンジ「仏壇のある暮らし|翁家具」も運営中!

目次
閉じる